岡竹建設の思い

岡竹建設の思い

身近で親しみやすい会社を目指して

創業60年を超え、岡山県東部はもちろん県内各地のお客様から信頼を得ています。先代からの[お客様の思いをカタチにする]をコンセプトとし、納得いくまで徹底的に話し合います。その姿勢から、お客様からは非常に高い満足度になっています。
また、施工後のアフターフォローや悩み相談、リフォームについて等、住宅に関することならお電話1本で即駆けつけます。深夜に雨漏りがする、立て付けが悪くなったなどでも、私たちは全力でお客様の不満を満足に変えています。
「こんな家を建てたい」その思いが大切です。私たちは毎日生活を送る空間をドラマティックに演出するプロ集団です。是非お問い合わせください。絶対に後悔させる事はありません。

ロゴマークに込められたブランドストーリー

【コンセプト】advance O(前進する岡竹建設)

打ち合わせ~完成までだけでなく、完成後のアフターフォローまで行っている。施主様はいつでも連絡を取ることができ、すぐに駆けつけて対応してくれる。[利他の精神]が弊社社員にはあり、同時に「安心感」を周囲に与えている。

シンボルマークは弊社の得意としている平屋風の家を、社名の「岡」で表現。
カラーは歴史の長さや安心感を象徴する鉄黒(てつぐろ)色。ロゴタイプ部分は少しラウンドした文字にすることで多彩なデザインや技術・更には安心感が表現されている。
創業60年を超える歴史や和風建築を切り取ったデザインにするのではなく、弊社の一番の魅力である「岡竹建設で建てておけば、もしもの事があってもすぐに駆けつけてくれて安心だよね」が全面に出されている。

お客様は弊社の仕事ぶりに感動しているからこそ、口コミで広まったり、世代を超えて弊社の良さが代々伝わっている。その姿はまるでタンポポの「綿毛」。「竹」の字の一部を綿毛モチーフとしたデザインにすることで、口コミによる弊社の広がり、更なる一歩[エリア拡大]が表現されている。色は鉄黒色と相性の良い黄橡(きつるばみ)色を採用。この配色パターンはLOUIS VUITTONのパターンでもあり、木材1本にも非常に強いこだわりを持つ職人魂・姿勢が表現されている。

自由な間取りや発想、上質なサービスを受け、感銘を受けたお客さまの心にSoul Flower(弊社の思い)が咲く。心の中に根付いたSoul Flowerがお客さまの口コミと言う風により種が撒かれ、各地で弊社の魂の花が産声をあげ咲き誇る・・・弊社の思いがこのマークには込められている。
※鉄黒色・黄橡色ともに日本の伝統色。

PAGE TOP